アインは☆おっ気軽に。。。
greenmoon.exblog.jp

がんばれ日本!                 がんばれ日本人!!
カテゴリ
ライフログ
以前の記事
フォロー中のブログ
みなさん! Happy!
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ASKA(飛鳥 涼) 『明け方の君』




自分の中にいくつかのツボ歌、隠れた名曲がありますが、今回のこの「明け方の君」はその中の一曲になります。これはCHAGE&ASKAのアルバム「TREE」の中にある曲ですが、ドラマでも有名になった「SAY YES」の歌が入ってるアルバムなので(ちょっと古いですが)、もしかしたら御存知の人もいるかもしれませんね♪このアルバムの中で一番聴いてるのがこの「明け方の君」なんですよ、じつは。ASKAワールドの中で好きな感覚のひとつなんです。すごくお薦めしますよ、この歌。あっ、でも自己満足なので・・・どうなんでしょう・・・特に男性はハマリます!



      昔も今も僕は 同じ朝を繰り返して
      誰も聞かない君の事 いつまでも包んだまま

      明け方の君は あの日の笑顔で
      恋人のまま シーツを抱いて
      僕の夢にまぎれ込んで遊んでた


      もう君を忘れたいと思うよ 今は
      君を愛してたくらいに 愛したい人が居る

      彼女は僕の中の 君までも愛せる人
      いつか君に告げたよりも 聞かせたい言葉がある

      君は心で 君は遠くで 綺麗な人で


この曲、とても爽やかなメロディにのせて歌ってる恋愛系の歌なんですけど、とても切なくて、でもちゃんとした意思があって・・・このギャップにはまります。歌詞だけ読んだら全然バラードでもいけるんですよね。なのにこんなにも爽やかに歌うなんて・・・ちゃんと二人が映像として浮かんでくる描写力にはいつも圧倒されてます。まぁでも歌の中では一人よがりの男の未練というか、いじらしさがよく出てるんですが・・・別れたはずなのに、忘れようとして頑張ったのに、夢の中に突然出て来る恋人だった人。やっぱり忘れられない・・・これをこんな風に歌にできてしまう・・・さすが、わが師匠のひとり。。。(笑)スーッと聴けばスーッと通り過ぎていってしまうくらい爽やかな歌なんですけどね、聴けば聴くほど感情移入します。朝の歌ですが、秋晴れの青空を見上げて、涼しい風に吹かれながら、ふと切なく、この歌を聴いてもいいんじゃないかと思います。もちろん一人で、ですよ。(笑)最初にも言いましたが、男性は結構ハマルと思います。それでは今回もアルバムの中にあるASKAの詩がありますが、同タイトルで書かれたものがありますので、それといっしょにお楽しみ下さい。よりいっそう、この歌が分かると思います。







明け方の君



親しい人だけの呼び方で
君は 僕は
呼び合う

あれほどの別れが
ただの映画だったような
まるで時間は流れなかったような

夢の中の君は
なんで笑顔のままなの?

もう君を忘れたいと思うよ
最近僕は黒っぽい洋服にこってるとか
インスタントコーヒーが好きだとか
あんまりプロレスを見なくなったことや
それから 中指と薬指の間が上手く開くようになって
もうみんなに笑われずにすむようになった事だとか
だんだん君の知らない僕に変わって行くんだ

僕の夢の中は 君の遊び場所に似合わなくなってる・・・

わかってるよ
これは全て僕に言ってること
これはすべて僕に言い聞かせてること

君は心で
君は遠くで
綺麗な人で・・・




※・・・なぜかこのテキストを書いていて、B'zの「It's Raining...」が頭の中に流れてた・・・(笑)
[PR]
by greenmoon9 | 2006-09-16 19:32 | ASKA