アインは☆おっ気軽に。。。
greenmoon.exblog.jp

がんばれ日本!                 がんばれ日本人!!
カテゴリ
ライフログ
以前の記事
フォロー中のブログ
みなさん! Happy!
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:作詞( 15 )
ダイヤモンドは水のように




                  ダイヤモンドは水のように



                  冷たい肌を風が剥がす
                  それでもあなたは黙って

                  嘘を嘘だと見抜けないほど
                  自信に満ちてたのに

                  別れたいんでしょ? そういえば最近
                  友達だって彼女かえたもんね

                ★ 愛は逃げてもいい
                  だけど私の目の前から逃げないで
                  光りをなくし
                  水のように溶けるあなたはダイヤモンド


                  小石を踏んだかかとのように
                  胸の奥がずっと痛い

                  “忙しい!”ってね “好きだ”と言える
                  ヒマくらいあったでしょ?

                  「嫌いになった訳じゃない」なんて
                  まさか言おうと思ってないでしょうね?

                  涙も出ない
                  どうせあなたは傷ついてないからいいね
                  悲しくもないけど
                  次はガラスのイミテーションの方がましだよね


                  星に押された太陽の下で
                  背中を向けてあなたは歩き出す

                  振り返らない
                  別に私もそれでいいと思ってる
                  最後の最後まで
                  笑えるくらい気取ったナルシストね

                   ★ Repeat


                                   Music By MAP
[PR]
by greenmoon9 | 2007-05-08 19:12 | 作詞







                     Lorelei ‐ローレライ‐



                  つまずきそうな石畳 風車の風
                  あなたに出した手紙はクセ字で怒られそう

                  一人になるのも必要と大見栄きって
                  飛び出したのはいいけどまだ少し寂しい

                  身振り手振りの少年と話す
                  つき合い始めた頃のあなたみたいだよ

                  光るローレライ 背伸びする
                  恋はもうしたくないから
                  まだあなたのもとには戻れない
                  怒りっぽいとこだけは変えたんだ


                  チャペルの鐘が響き渡る 街の片隅
                  白いドレスをまとった花嫁は幸せそう

                  散歩中の犬を撫でた もこもこだった
                  あなたとくるまっていた毛布みたいだよ

                  出会う人はみんなとても優しくって
                  なんだか私も優しくなれたんだよ

                  泣く事しか出来なくて
                  面倒くさいやつだったね
                  「それでもいい」と言ってくれたこと
                  嬉しかったけど・・・悔しかった


                  あなたはまだ忙しく
                  働いている頃でしょう
                  帰ったら頑張って流してる
                  おでこのその汗を拭いてあげる

                  光るローレライ 見上げたら
                  やれそうな気がしてきたよ
                  早くあなたのもとへ戻りたい
                  体いっぱいで抱きしめたい


                                     Music♪ By MAP
[PR]
by greenmoon9 | 2007-03-05 00:06 | 作詞





                       ジュウニヒトエ



                  眠りなさい蒼く深く 夜風の花弁の中
                  目を閉じても唇には あなたの香りが残る

                  赤く編み込まれた帯に結ばれている
                  少女の様な恋を笑わないで下さい

                  あなたには届けたい十二十色の寂しさを
                  どうかその手で全て抱きしめてくださいな

                  愛が痛い破れるほど 今にも零れる涙
                  そのぬくもり思い出して 今夜も夢まで長い



                  声の響く方へ耳を傾けてみる
                  名前を呼ばれた気が・・・ 呼ばれた気がしただけ

                  淡く散りばめられたいつも変わらぬ優しさに
                  もたれてしまいそうで訳もなく怖くなる

                  泣きたくないどんな時も だけどこらえきれなくて
                  一人じょうず 癒しじょうず 幻を浮かべながら


                  色艶やか十二単 いつまでも護り給え
                  一枚づつこの思いを 隠すように着飾れよ
                  眠りなさい蒼く深く 夜風の花弁の中
                  目を閉じても唇には あなたの香りが残る


                
                                        Music♪ By MAP
[PR]
by greenmoon9 | 2006-11-13 23:16 | 作詞





                     望遠鏡



                  泣いている人達が見える
                  見下ろすレンズ越し
                  人生はうまくいかないと
                  涙が出るんだね

                  話だけでも聞いてあげたいけど
                  ここからじゃこの声は届かないから
                  ごめんなさい

                  覗いて見えるこの夢は
                  どんな遠い場所にあっても
                  こんなに近くで見えるよ
                  今度軽くこの手伸ばしてみたら
                  叶えられるかも



                  公園で子供追いかけて
                  喜ぶパパの顔
                  将来のあなたもきっとね
                  おんなじ顔してる

                  そっとふれた風 街へと流れてく
                  見上げた空へ恋を話してみよう
                  気分がいい

                  大切なものが見えたら
                  この胸が温かくなる
                  角度をかえてくあなたを
                  もっと好きになれるように頑張る
                  それも愛だから

                               
                                      Music♪ By MAP
[PR]
by greenmoon9 | 2006-11-13 23:09 | 作詞



                      SODA



                  だまされているふりをしながら
                  おいしいとこ頂く
                  教えてあげる キスのやり方
                  この唇はいけるよ

                  グラスに絡み合う指先 しなやかに
                  潤ませた瞳 閉じたらダメさ

                  体じゅうにかけてみないか
                  甘い未来と幻
                  テレビ画面で覚えた事も
                  役にたたなきゃ意味無し

                  雨の中で濡れているのは涙だね
                  寂しげな髪を抱いてあげよう

                ★ 溢れ出したら止められない
                  はじけたSODAを飲みほして
                  胸の中から泡のように
                  あとからあとから愛が爆発してる


                  花弁で埋めつくすベッド 一人きり
                  残した香りでもう一度眠る

                  ナニがなんだか訳わかんない
                  なりふりかまわず栓を抜け
                  出てきたモノがなんであろうと
                  いつかは自分のモノにできる日が来る

                    ★REPEAT

                  気が抜けてたら後味ワルッ
                  底までいかなきゃしょうがない
                  隣りに来なよ 二人で飲もう
                  乾いた喉まで愛で潤してゆく

                  Drinking soda sweet・・・A ha ha ha ha・・・




                                        ♪Music By MAP
[PR]
by greenmoon9 | 2006-08-18 00:06 | 作詞



                      Blue Sky



                  夢であればいい あんな小さなこと
                  二人にはおおげさな事じゃなかったよ
                  TOKYOの片隅は狭すぎるくらいに
                  溢れてた永遠に続く愛情

                  出会った頃はこんな日が来るなんて思えなくて

                ★ もう終わりだね 苦しかったね
                  傷ついたけど あなたでよかったんだ
                  二度と会えない 声も聞けない
                  見上げた空は It’s just blue sky


                  なんでもない日々が輝いて見えるよ
                  こんなにも頑張ってた二人がいた

                  一つの恋が当たり前に消えてくそれだけなの

                  これでいいんだ 決めたんだから
                  最後の愛が泣いても 叫んでても
                  優しさだけは 残してくれた
                  明日はきっと upright on the ground


                  I love you
                  跡形も無いようにあなたから
                  Do you wanna say Good-bye?
                  忘れることなんて I can not forever

                     ★ Repeat

                  やっと終わるね 苦しかったね
                  自由になれる その日が来たんだから
                  これでいいんだ 決めたんだから
                  今の私は It’s just blue sky


                                      Music By MAP
[PR]
by greenmoon9 | 2006-06-23 19:24 | 作詞



                   Million Solitude



                  むせび泣くなら人知れず
                  宇宙の中で一人きり

                  僕だけじゃない君もだろ?
                  慰めるのがウマイの

                  融通きかない無重力な
                  この体を受け止めてよ どうか

                  誇り高きは美しきこの孤独
                  咎め立てしなくていい
                ★ 寂しさにきりはないから
                  なのに涙が止め処なく溢れ出る
                  だから「お前は一人じゃない」と
                  言ってくれないか いつでも


                  これじゃ毎日 変わらない
                  軌道をまわる星みたい

                  弱い心をねじ伏せて
                  強くなりたいSolitude

                  どんな時でも胸の中へ
                  容赦なく飛び込んでくる君が・・・

                  輝きすぎてえぐられた傷になる
                  別れるのは怖くない
                  忘れられないのが怖い
                  だから孤独は逃げの最終兵器
                  ナルシストのふりはもう飽きた
                  とどめを刺してくれないか

                    ★ Repeat



                                 ♪Music By HIROKI
[PR]
by greenmoon9 | 2006-03-02 18:25 | 作詞



                   君がいないと



                  束ねた雨が降りそうだ
                  冷たい君の手を握る
                  曇りなき優しい瞳が
                  怖くて 逃げていた

                  世界は傷つけ合う事をやめようとしないね
                  互いの浮かんだ汗と汗絡ませ 
                  今夜も眠ろうぜ

                  どこにもいかないで
                ★ 一人じゃ生きられない
                  正夢も逆夢も
                  君がいなけりゃ悪夢だね


                  なんでもうまく切り抜けて
                  やれてるつもりでいたんだ
                  「あなたはまだ何もやってない」
                  言われて気がついた

                  誰でも人には言えない 誇れる歴史があり
                  上っ面で生きてた今の俺 
                  なんてカッコ悪いんだろう

                  愛してくれないか
                  いつでも守りたい
                  涙が枯れても
                  君でなけりゃダメなんだ


                  へこんだ空き缶蹴り上げて 人ゴミに落ちてく
                  心が踏まれてつぶれても 
                  必ず君のもとへ行くよ

                   ★ Repeat

                  愛してくれないか
                  それ以上愛せるから
                  どんなに泣いても
                  君でなけりゃダメなんだ

                  もっと・・・ もっと・・・ All Days


                                  ♪ music By MAP.
[PR]
by greenmoon9 | 2006-03-02 00:22 | 作詞




                  Dance On The Edge





                  夜空のPlastic Moon
                  誰かが泣いた
                  冷たいWindy Hill
                  どこまで遠く

                  少年の流す涙のように
                  君の手を離したくはなかった

                  Dance このまま踊れ 裸足で
                  Dance 痛んだ足で
                  Dancing on the edge of night
                  行き場のない夢を抱えたまま
                  Dance やり直せない
                  Dancing on the edge of night

                  記憶の中を辿る君の声がまだ
                  消えないままで 君のままで
                  僕を止める 永遠に

                  少年が手にしたナイフの上
                  一人きり狂ったように踊れ
                  誰もいないこの街の片隅
                  君を一つ一つ忘れるように踊れ

                  On The Edge・・・
                  一人きりで・・・


                                       ♪ Music By Fujita
[PR]
by greenmoon9 | 2006-01-14 01:05 | 作詞




                    月はすんなり嘘をつく



                  今にもあなたの頬に手が届きそうな夜
                  「別れよう」と言った その言葉が響く

                  あっさりしている所 良かった
                  こんな時でも顔色を変えないなんて
                  離れていく背中を見つめて
                  私は残されたまま

                ★ Private Moon
                  “もうすぐ朝日が昇っていく”と
                  慰めにもならない月が嘘をつく
                  長い長い闇の中を悶え震えながら
                  出口のない夜は永遠に続くんだ

                  干上がった心で気高く歩き出すけど
                  流しきった涙が溢れ出してくる
                  これを最後の傷にして終わらせるんだ
                  裏切られても私だけは嘘をつかない


                  誰かが倒れたあとで この手を伸ばすけど
                  どうせ出すフリだけで 気持ちなんてなくて

                  「お前じゃなきゃダメなんだ」
                  あなたがそう言った 信じてたのに

                  流れた星が刺さって割れた 輝けない太陽
                  一人で呟くのはやめよう 強く生きてく為のCry

                     ★ Repeat

                  儚く散りゆく運命の夢だったとしても
                  そこには必ずあなたの愛があった
                  抱いて抱きしめても決して掴めるはずのない
                  ここに穢れなき私だけの愛がある

                  You’re liar Liar moon True my love



                                     ♪ music By MAP.
[PR]
by greenmoon9 | 2005-11-11 22:51 | 作詞